FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[android development]無線LAN接続でデバッグをターミナルに表示させる - 2012.01.15 Sun

パソコンにUSBで接続せず無線LANでターミナルでデバッグ表示する方法をここで紹介します。

まずUSBとパソコンを接続します。
#adb devices
これで接続できているかを確認

#adb tcpip 5555
ここの数字はポート番号を指定しているのだが、使える番号なら何でも良い

#adb connect 192.168.1.1:5555
「connected to 192.168.1.1:5555」とでたら接続完了

あとは
#adb logcat
でデバッグを表示することができる

USBに戻したい場合は
#adb usb
でコマンドを打てばOK!

これでUSBポートを使っている場合でも最適にデバッグを確認できます
スポンサーサイト

[Arduino]温度センサと照度センサをArduinoにつないでみる。 - 2011.12.17 Sat

Arduinoに
光センサー温度センサーを繋げてみました。

回路図は以下の画像になります。
まとまっていなくて申し訳ございません。。。

arduinolcd


ーーーーーーーーーー以下プログラムーーーーーーーーーー
int cds = 0; //照度センサ
int tempback; //過去の温度データ
int tempdata; //
float sa = 0.5; //温度差

void setup(){
pinMode(13, OUTPUT); //13pinをアウトプットモードにする
Serial.begin(9600); //シリアル通信速度


}

void loop(){

float tempc; //摂氏温度
float tempv; //温度センサの値

cds = analogRead(0); //アナログピン0の値を読みこむ
tempdata = analogRead(1); //アナログピン1の値を読み込む
tempv = ((long)tempdata * 5000)/1024; //温度センサーの値を電圧値に直す
tempc = (tempv - 400)/19.5; //温度センサーの電圧値を摂氏温度に直す
sa = tempback - tempc; //前回と今回の温度差を求める
sa = abs(sa); //絶対値に直す

cds = cds * 0.5; //照度の値を変更する
digitalWrite(13,HIGH); //13番ピンをHIGHにする
delay(cds); //cdsの値分まつ(単位はus)

if(sa > 0.3){ //もし0.3の変化があると温度の値を出力する
Serial.println(tempc);
tempback = tempc;


}

digitalWrite(13,LOW); //13番ピンをLOWにする
delay(cds); //cdsの値分待つ

}

Macで無償の回路図エディタを探す〜QTBSch3Vのビルド手順〜 - 2011.12.09 Fri

回路図を無料のアプリで作成したいと思ってアプリを探してみました。

WindowsではEScadなどがあるのですがMacではなかなか見つからなかったので紹介します。

ここで紹介するQt-BSch3VというソフトではMacだけでなくLinuxでも回路図を作成できます。

水魚堂の回路図エディタというところでダウンロードできるのですが、ビルドする必要がありますので

そのあたりの手順を記録しておきます。

1.XcodeとQtフレームワークのインストールをしておく。
Qtフレームワークについてはダウンロードページにてダウンロードして下さい。

2.水魚堂の回路図エディタのページのQt-BSch3Vの項目にあるソースをダウンロード。
他にもQt-LCoVなどもダウンロードしておくと良い。そしてそれらを展開しておく。

3.ターミナルを起動し、ソースファイルのあるディレクトリまで行き"qmake"を実行する。
私はダウンロードフォルダでダウンロードをして展開を行ったので、
$ cd Downloads/qbsv047/qtbsch3v
に移動して
$ qmake

4.そうすると、qtbsch3vのフォルダ内に qtbsch3v.xcodeproj ファイルが生成されますのでそれを開きます。

5.そこでDebugとReleaseを選択できるところがあるので、 Release を選択。

6.ビルドと実行をクリック

※そのときにエラーが生じてしてしまった。
この場合はメニューの「プロジェクト」→「プロジェクトに追加」をクリックし、
システム/ライブラリ/Frameworks/Cocoa.framework
を選択し、もう一度ビルドと実行を行う。

するとフォルダの中にアプリが生成される。

Macのターミナルに[lsusb]がない件について - 2011.11.26 Sat

Linuxに"lsusb"のコマンドがあるので

macにもてっけりあるとおもって実行したら
command not found
だって。

そう思って調べてみた。

"system_profiler SPUSBDataType"

で出来るみたい。

ただ面倒だから

PASSに入れておく

$alias lsusb='system_profiler SPUSBDataType'

これで次回から

"lsusb" で実行できる。

[lsusb]USBに接続されているデバイスを簡単に調べる - 2011.11.26 Sat

最近知ったのだが
USBに接続されているデバイスを簡単に調べるコマンドがある。

それが"lsusb" だ。

ただ、CentOSの場合は、一般ユーザにlsusbのパスが通っていません。参考URL

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TaKuYaMaMo

Author:TaKuYaMaMo
ばかなりに色々とやっております。
将来はカフェ&バーを持ちたいな。

利用OS
∟Mac,Windows,Linux(Ubuntu)

カテゴリ

ssh (2)
ubuntu (1)
Linuxコマンド (2)
arduino (2)
android development (3)
picマイコン (0)
MYSQL (0)
php (0)
mac コマンド (1)
回路 (1)

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。